くらわんか碗 保証


くらわんか碗 無期限保証

2020年1月より、「くらわんか碗」の保証サービスを始めます。

「くらわんか碗」に象徴される『白青』の器を、毎日気持ち良く使っていただけたら、これ以上嬉しいことはありません。『白青』が伝えたいのは、安心できるきちんとした器と過ごす日々の大切さ、それを可能にする手仕事の素晴らしさです。暮らし方が選べる今だからこそ、一生、毎日使う器と豊かな時間をお過ごしください。

白青の「くらわんか碗」は、日常的な使用で壊れた場合、往復の送料をご負担いただければ、一回に限り無償で新しい商品とお取り替えさせていただきます。保証サービスには、白青WEBでのユーザー登録と購入時の包装箱(印付き)が必要となります。

※2020年1月サービス開始は直営店およびオンラインストア「WHITE/BLUE」限定となります。
※ユーザー登録は2020年2月より登録開始とさせていただきます。

くらわんか碗 無期限保証に関する窓口:kurawanka@shiroao.jp

2019年12月吉日
株式会社白青


くらわんか碗について

くらわんか碗 保証

wikipediaより引用

『白青』のブランドを象徴する「くらわんか碗」は、江戸時代から続く、庶民にとっての日常使いの飯碗です。砥部焼の他に、長崎県の波佐見焼、大阪府の古曽部焼などの産地でつくられ、その名前の由来は、淀川を通る客船に近づいて「酒食らわんか餅食らわんか(食わないのか)」と乱暴な言葉で囃しながら食事やお酒などを売った「くらわんか舟」にあります。その様子は歌川広重の判画「京都名所之内 淀川」や十返舎一九の劇作「東海道中膝栗毛」にも描かれており、今でも川底から当時の飯碗が出土すると言われています。庶民が安価に手にすることができたため、それまで高級品とされていた磁器のイメージを刷新し、日常使いの食器として広く普及するきっかけになったとも言われています。不安定な船の上でも安定して使えるよう、高台(コウダイ)と呼ばれる底の部分が高く広くしつらえてあるのが特徴です。


トップページに戻る